スタッフブログ

2014.11.28更新

女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいるそうです。

■薄毛の原因

薄毛の原因1.頭皮の汚れ

間違った髪の洗い方だと毛穴に皮脂が残る。

薄毛の原因2.老化による頭皮のたるみ

頭皮のたるみが毛穴のたるみにもつながる。

■健康な頭皮

毛穴に汚れが無いので、くぼみがある。

■正しい髪の洗い方

1,シャンプー剤は手のひらで泡立てる。

シャンプー剤は両手で泡立ててから髪につけることが大事。

泡立てていないと、洗いむらができて、皮脂が残ってしまう。

2.髪の毛には洗う順番がある。

頭皮をリフトアップするため基本的に下から上へ洗う。

●髪を洗う正しい順番

耳の上から頭頂部へ
指の腹でマッサージするようにする。
前髪の生え際から頭頂部へ
襟足からつむじへ

3.すすぎ洗いはシャンプーの2倍の時間で。

倍の時間すすがないと、泡が頭皮に残ってしまう場合も。

※シャンプーは2回することが基本。

1回目は髪と頭皮のおおまかな汚れを取る。2回目に上記の洗い方で洗う。

※髪を洗う時間

午前3時から朝の9時くらいまでの時間が髪が伸びる時間・発毛のゴールデンタイムなので、朝シャンは控えたほうが良いようです。









北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 オスグット、シンスプリント、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2014.11.28更新

我慢は禁物!ダイエット中も好きなお菓子は食べ続けた方が痩せるとの調査結果

カロリー計算サイトNutracheckの栄養科学者ジャネット・アイロット女史が2100人の男女を対象におこなったアンケートによると、ダイエット成功者の86%は、減量中もチョコレートやビスケットなどのお気に入りのオヤツを食べ続けていたことが判明。しかも、そのうちの91%は、こうしたオヤツをダイエット前と同じ量摂取しながら痩せたという。

ダイエットとは、食事をしないという意味ではなく、適切な食事をしましょうというのが本来の意味ですよね。

ダイエット期間中は、これも食べてはいけない、あれも食べてはいけないと考えてしまい、ストレスがたまりがち。

その反動で食べてしまって、目標とするスタイルが遠のいてしまいます。

今回の記事によれば、ダイエット成功者の86%はおやつを食べていたそうで、そのうちの91%はダイエット前と同じ量のおやつを食べていたそうです。

大事なことは反動が起きないように変化を小さくしてあげることなのです。

ただ、記事の中でアドバイスされていますが、選ぶおやつには注意が必要です。

アイロット女史いわく、ダイエット中に特にオススメのオヤツは、抗酸化物質たっぷりのカカオからなるチョコレートとのこと

高カロリー・高脂肪のおやつを選んでいいわけではなく、抗酸化物質が豊富なおやつを選ぶといいんですね。

記事にあるように、カカオの多いチョコレートをはじめ、アーモンドやくるみ、ドライフルーツなどがいいのではないでしょうか。








北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 オスグット、シンスプリント、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2014.11.27更新

痩せやすい体質のカギは「基礎代謝」

基礎代謝よりも活動代謝を上げることがダイエットの近道!
基礎代謝を上げることはダイエットに繋がるというのは理論的に正しくても、現実的には難しいことであり、ダイエットの近道としては、活動代謝を上げることが先決です。

ところが筋肉ムキムキの女性とちょっと太目の女性の基礎代謝を測ったところ・・・
なんと太目の女性の方が基礎代謝が高いことが判明!

実は基礎代謝は横になってジーッとしているときのエネルギー消費量のこと。
そのとき一番エネルギーを消費しているのは内臓、筋肉の消費エネルギーの割合はたった20%程度なのです。
だから筋肉をいくら鍛えても、基礎代謝量が増えるのはごくわずかだったんです。

"基礎代謝を上げてダイエットにつなげる"ことは理論としては正しいのですが、現実的には難しいことだったんです!

「ぞうきんがけ」「皿洗い」「駅の階段登り」なども
積み重ねれば大きなエネルギー消費量になります。

つまり「基礎代謝」ではなく
日頃からちょこまか動く「活動代謝」を上げることが
ダイエットの近道だったんです。

さまざまな運動系のダイエット方法がありますが、遠回りなように見えて一番の近道は、「活動代謝」を上げることなようです。

ただ、やはり、理論的に正しい「基礎代謝を上げてやせやすい体質・太りにくい体質」を手に入れたいものですよね。







北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 オスグット、シンスプリント、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2014.11.27更新

日本の働く女性は世界一睡眠時間が短いそうです。

その理由としては、仕事と家事のダブルワークに追われており、男性の家事・育児参加が充分でないことや会社のシステム上の問題がありそうです。

働く人の約6割が睡眠不足を感じており、作業能率を低下させていることがわかったそうです。

また、平日の睡眠時間が6時間以下だと、週末に寝だめをしても認知能力を回復できないそうです。



という、事実を突き付けられると少し反省です。
スギヤマは、平均睡眠時間が5時間弱なので一時間は足りませんね。。
認知能力を回復させるためにも気をつけて6時間は寝るように致します!!






北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 オスグット、シンスプリント、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2014.11.26更新

スギヤマ、月曜の祝日の日に人生二回目のゴルフのコースをまわってきました!!

練習は、二回ほど行きましたが全然だめでした。。笑

でも、広い所でクラブを振り回し、走り回り、疲れましたが楽しかったですcatface


去年の夏以来なので、一年ぶりですがしっかり練習しとけば良かったですwww笑

今度いつ行くかわかりませんが、また散々なゴルフになりそうですgolf









北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療・スポーツ障害専門治療・鍼灸治療・むち打ち・捻挫・打撲・肉ばなれ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・頭痛・肩こり・腰痛・膝の痛みはご相談ください

2014.11.26更新

肌に良い10の食べ物が紹介しますshine


1.アボカド:良質の油分と豊富なビタミンB群で肌をきれいにする。抗炎症効果のあるビタミンB3が豊富なため痒み、赤み、シミ等に効果的。
アボカドに含まれる良質の油とビタミンB群が肌をキレイにしてくれるそうです。

2.マンゴー:一日に必要なビタミンAの80%以上、さらに抗酸化物質を多く含み肌に潤いを与え若返り効果がある。
マンゴーには、ビタミンA・抗酸化物質が多く含まれているそうです。

3.アーモンド:ビタミンEと油分に豊富で肌に潤いを与える。
アーモンドに含まれるビタミンEと脂分が肌に潤いを与えてくれるそうです。

4.カッテージチーズ:セレンを多く含み、これがビタミンEと結合し強力な抗酸化作用を発揮する。さらにセレンは皮膚ガンやフケにも効果的。
カッテージチーズには、セレン(ミネラル)が含まれているそうです。

5.アセロラ:皮膚のダメージや皺に働きかけ、コラーゲンの生成に不可欠なビタミンCを多く含む。
アセロラには、コラーゲンの生成に不可欠なビタミンCが多く含まれているそうです。

6.カキ:皮脂生成を抑えニキビ肌の改善に効果的な亜鉛を多く含む。
カキには、亜鉛が多く含まれています。

7.ジャガイモ:皮付きのジャガイモには一日に必要な銅の75%を含む。銅が欠乏すると肌にツヤがなくなる。
じゃがいもには、銅が含まれているそうです。

8.キノコ:皮膚組織の維持や傷の治癒に必要なリボフラビンを多く含む。
キノコには、皮膚組織の維持に必要なリボフラビンというものが多く含まれているそうです。

9.アマニ油:オメガ3系脂肪酸等の必須脂肪酸を多く含み、肌に潤いを与え、皮脂を抑え毛穴をきれいにする美肌効果がある。
亜麻仁油には、オメガ3脂肪酸が多く含まれています。

10.小麦胚芽:欠乏すると皮膚炎を起こしたりするビタミンC・ビオチンを多く含む。
小麦胚芽には、ビタミンC・ビオチンが多く含まれているそうです。

最後に、記事の中で紹介された肌に良い成分をまとめてみます。

●良質の油
●抗酸化物質
●ビタミンB群
●ビタミンA
●ビタミンE
●セレン
●亜鉛
●銅
●リボフラビン
●オメガ3脂肪酸
●ビタミンC
●ビオチン

ここで紹介された成分を多く含む食品をバランスよく取り入れていきたいですね。







北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療・スポーツ障害専門治療・鍼灸治療・むち打ち・捻挫・打撲・肉ばなれ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・頭痛・肩こり・腰痛・膝の痛みはご相談ください

2014.11.25更新


ハイビジョンの日
郵政省(現在の総務省)とNHKが1987(昭和62)年に制定。
ハイビジョンの走査線の数が1125本であることから。
この日とは別に、9月16日が通商産業省(現在の経済産業省)の制定した「ハイビジョンの日」となっている。


OLの日
働く女性の異業種間交流サークル「OLネットワークシステム」が1994(平成6)年に制定。
1963(昭和38)年のこの日、初めて「OL」という言葉が女性週刊誌『女性自身』11月25日号に載った。
以前は、職場で働く女性のことを「BG(business girl)」と呼んでいたが、この言葉がアメリカの隠語で「商売女・娼婦」という意味があることがわかり、1963年9月12日にNHKが放送禁止用語とした。これに代る言葉を『女性自身』が募集し、「OL(office lady)」という言葉を1963年11月25日発売の号から使い始めた。






北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療・スポーツ障害専門治療・鍼灸治療・むち打ち・捻挫・打撲・肉ばなれ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・頭痛・肩こり・腰痛・膝の痛みはご相談ください

2014.11.25更新

スギヤマ、人生で初めて紅葉を見に行きましたmaple

佐賀の御船山楽園です!

めちゃくちゃ感動しました!!

これは、写真とかでは伝わらないと思いますので、ぜひ皆様行ってくださいましhappy02














北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療・スポーツ障害専門治療・鍼灸治療・むち打ち・捻挫・打撲・肉ばなれ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・頭痛・肩こり・腰痛・膝の痛みはご相談ください

2014.11.25更新

人間の体は冷えると様々な病気を引き起こし、しかも体をむくませ、美しさを欠いていきます。

逆に言えば、体を温めることで健康的になり、多くのことが解消できます。そこで今回は、「温めるだけぽかぽかダイエット5選」をご紹介します。

1.腹巻・温かい食事・カレー【お腹】

お腹を温めると、内臓の働きを良くして消化を助け、基礎代謝を上げてくれます。また、便通も良くなりダイエットには良いこと尽くめなので、特にこれからの寒い冬は自宅で腹巻を着用するのがオススメです。

また、季節を通して出来る限り温かいものを口にするようにしましょう。特に、カレーはスパイスなどで腸を効果的に温めてくれるそうです。

そして、腸は温められることで心身を落ち着かせる物質セロトニンを分泌するそうなので、自律神経を整えることにも役立ちます。

2.手湯【手】

手は多くの神経細胞が脳につながっているために、腸と並んで「第二の脳」と言われています。

そんな手をお湯に入れて15分ほど温めると、血行促進によるダイエット効果や、肩こり解消による顔のむくみ予防、リラックス効果や疲労回復により、自律神経やホルモンバランスを整える効能が期待できます。

足湯より気軽で簡単で、足湯と同じ効果がありますよ。

3.レッグウォーマー【足首】

足首は、骨盤や肩甲骨、おまけに頭蓋骨とも連動しています。そのために、足首の状態を良くすることにより、全身の血行が良くなって骨格が整えられ、バランスの良い体型になれるそうです。

また、足首周辺には子宮の機能を高めるツボがあるので、温めることにより子宮も温まるのだとか。子宮が温まるとホルモンバランスが整い、痩せやすい体になります。なので、可能な限りレッグウォーマーで足首を温めることは非常に有効です。


体を温めて細さを手に入れたい

4.ドライヤー【膝】

足が冷えると睡眠に影響を及ぼし、ホルモンバランスが崩れて痩せにくい体になってしまいます。もちろん、血流も悪くなるのでむくみの原因にもなります。

そんな足の冷えに効果があるのは、膝に温かいドライヤーの熱風を当てること。近づけ過ぎないよう注意して、膝の皿や足の裏を温めるだけで足がポカポカしてきます。

温めすぎると体温調節のクールダウンが始まり逆効果なので、「温まったな」程度で止めておくことがポイントです。

5.お尻歩き【お尻】

お尻は脂肪が多いので特に冷えやすい場所です。その、お尻が冷えると下半身が冷え、むくんでしまいます。おまけに、お尻の冷えは足のかかと部分に影響し、ひび割れを引き起こすのだとか。

そんなお尻の冷えを無くすには、骨盤エクササイズによりお尻の筋肉を鍛えて、「温かいお尻」をつくることが必要です。

効果的な運動方法は、長座してお尻で歩く「お尻歩き」。これによりお尻が温まるだけではなく、骨盤矯正やヒップアップにも役立ちます。

いかがでしたか?

体を温めることは、ダイエットに効果的である以前に、内臓強化に役立つと言われています。健康とダイエットのために、早速色々な温め方法を取り入れてみてくださいね。








北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療・スポーツ障害専門治療・鍼灸治療・むち打ち・捻挫・打撲・肉ばなれ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・頭痛・肩こり・腰痛・膝の痛みはご相談ください

2014.11.21更新

最近は、お野菜をあまり食べない人が多いですね。また、しっかり食べていますと言う人でも、自分が思っている量が適正量に比べて非常に少ない場合もあります。

野菜は、ビタミンやミネラルを摂取するには毎日食べるべき食材です。微量栄養素とは言え、必須栄養素ですので生きていくためには必要です。不足すれば体調を崩しやすくなります。



生野菜は、ビタミンなどの栄養素をしっかり摂取できますが、量を多く摂ることができません。
火を通すと、栄養素が壊れやすくなりますが、量を食べることができますのでその分はカバーできます。

なので、お野菜は炒めたり、ゆでたり、蒸したり、生で食べたりと色々な方法で摂取することが理想です。



では、野菜ジュースはどうなんでしょうか?

お野菜はなかなか食べられないけど、野菜ジュースならという人も多いはずです。ですがこの野菜ジュースには落とし穴があります。



厚生労働省が、健康を維持するには成人1日当たり350g以上の野菜の摂取を推奨しています。
そこで野菜ジュースは、「1日に必要な野菜が取れる!」といううたい文句がかかげられているものが多いです。しかし、実は「ジュース1本分作るために、しぼった原料の野菜の重さが計算上350gである」というだけのことなのです。
なので、1日分の栄養素がすべて含まれているわけではないのです。その上、野菜ジュースの原料はほとんどが輸入。
濃縮状態で輸入して、国内で水を加えてできているのです。メーカーによっては、それにビタミンCなどの一部の栄養素と香料をプラスしています。繊維質はほとんど含まれません。
濃縮ペーストは世界中から集められています。残留農薬の危険性もあるはずですが、そのチェックは本当に大丈夫なのでしょうか?



では、青汁はどうでしょうか?

気になる青汁のコマーシャルがあります。ビタミンCはレモンの○○個分、鉄分はピーマンの何倍・・・など、観ているとすごい栄養素を摂れると思いがちですが、小さく「同重量比」と表示があります。


これは、同じ重さで比べた場合という意味です。野菜は90%が水分です。水分がなければ1/10の重さになります。
ということは、10倍の量を摂らないとその量は摂取できないことになります。



最近は大手コンビニやスーパーにお惣菜がたくさん並んでいます。
骨がない焼き魚やハンバーグ、煮物・・・ありとあらゆる食品が並んでいて、お皿に移してチンするだけですから確かに便利ですよね~。
一から作らずにチンするだけで美味しいお惣菜は、どうしてあの価格で作られるのでしょうか?



大手会社では、たとえばハンバーグであれば、開発担当の社員が有名で美味しいと言われるハンバーグを何種類も購入してくるそうです。そして皆でどれが美味しいかを決めた後、下請け会社に、これを同じような味でこの価格で作るように注文をするのです。
美味しいハンバーグ屋さんは、食材を厳選して、何時間も煮込んで人の手でソースを作ります。

それを機械で、しかも短時間で同じような味を作るのです。

そこで登場するのが添加物です。
安くてしかも同じような味を作れて一石二鳥なのです。



そして私たちも美味しい!美味しい!と食べています。
その価格で本当に美味しいものが作れると思いますか?栄養素がたっぷりで、体に良いと思いますか?そんなはずはないと首をかしげませんか?便利で安いということに、もう少し疑問を持つべきですね~。



危険ではないから安全と言えるのでしょうか?私たちが食べているものは、長期に渡って摂取し続けているもので、それがどのような影響をカラダに与えているかははっきりしていないのです。



楽を選べば、リスクは付いてくるものだと考えるべき時代です。リスクの覚悟を持って食べるべきですね。
全く添加物を摂取しない生活は無理ですが、減らす努力はすべきだと思います。特に持病がある方や、病気になりたくないと考えている人は、食生活を見直すだけでも全然カラダは違ってきます。
病気になってから慌てても、その体はすぐには改善できないのです。







北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療・スポーツ障害専門治療・鍼灸治療・むち打ち・捻挫・打撲・肉ばなれ・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・頭痛・肩こり・腰痛・膝の痛みはご相談ください
前へ

entryの検索

カテゴリ