スタッフブログ

2016.02.18更新

健康教室ですよー!

今やもう18回目を迎えました( ´ ▽ ` )ノ
2回は、台風と雪で中止しましたが、皆様の健康の手助けになれば良いなと続けています!!

当初の人数から増えてはいませんが、いつも参加してくださる普段運動をされない方には喜んでもらっているので、新しいメニューを考えたりと、スギヤマも楽しくやっています♪(´ε` )

皆様が来てくださる限り頑張りたいと思います!!


杉山









北九州市小倉北区真鶴の整骨院 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 むちうち、捻挫、肩こり、腰痛、頭痛、腱鞘炎、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2016.02.18更新

2016.02.17更新

料理の名脇役

  薬味に注目 

 料理に少し加えるだけで、食材のうま味を際立たせてくれる『薬味』。
 薬味には風味、香り、彩りをアップさせる効果のほか、消化をよくしたり、身体を温めるなどの効能があり、漢方の材料になることからその名前がついたといわれています。

今の季節にオススメなのはネギ。特有のにおいのもと、アリシンは新陳代謝を高め、胃腸の血流をよくするので、冷えや下痢などを改善させます。

ピリッとした辛みのある大根おろし。すりおろした時にできる辛み成分、インチオシアナートには殺菌力や消化をよくする働きがあります。また魚料理などの臭みをやわらげてくれます。

スッキリとした香りのユズ。その香り成分、リモネンなどは食欲や疲労を回復させます。

 普段の料理にうまく取り入れて、様々な効能や味の変化を楽しみたいですね。



杉山







北九州市小倉北区真鶴の整骨院 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 むちうち、捻挫、肩こり、腰痛、頭痛、腱鞘炎、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2016.02.17更新

8年間毎年咲いている紫色の胡蝶蘭の花の蕾が膨らんできました( ´ ▽ ` )ノ
咲くには、もうしばらくかかりそうですが、咲いてくれるだけで嬉しいです!!
毎年、鉢を植えかえるわけでもなく、栄養を与えているわけでもないのに、水だけで本当に凄い生命力です!!

何だかスギヤマも頑張らないと!という気持ちにさせられました(^^)




杉山









北九州市小倉北区真鶴の整骨院 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 むちうち、捻挫、肩こり、腰痛、頭痛、腱鞘炎、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2016.02.17更新

2016.02.16更新

2016.02.16更新

胃は自動車すら溶かす強酸を分泌する!
非常に危険でありながら、空港で没収されない液体と言えば体内にある胃液だけです。 胃の分泌細胞がこの塩酸を生成していますが、腐食性のある化合物というと産業界では金属の処理に利用されています。 鉄をえぐることも出来るほどの強酸ですが、胃壁の粘膜が保護することで、この毒性の強い液体を安全に機能させ、食事を消化してくれます。


胃液が強いことは知っていましたが、まさか鉄まで溶かす程とは!
ストレス社会、ストレスで胃壁を壊さないようにしないと他の臓器にも危険が及びますね(・_・;)
皆様もできるだけ気をつけていきましょう!!


杉山



北九州市小倉北区真鶴の整骨院 しんじゅろう鍼灸接骨院 スポーツ障害、交通事故専門治療、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、坐骨神経痛、腱鞘炎、捻挫、打撲、むち打ち、寝ちがい、腱鞘炎などお悩みの症状があれば相談してください

2016.02.16更新

食事の多くは脳に取られている!
私たちの脳の重さが占める割合は、体全体の2%に過ぎないが、脳は体内で必要とされる酸素とカロリーの20%を要求します。 脳の資源をしっかり蓄積しておくには、大脳の動脈から常に酸素を送り込む必要があります。 この動脈の一つでも詰まったり損傷したりすると、脳が機能していくために必要な脳細胞が窒息し始めます。 そしてその動脈がつながっている部分に障害が出ます。 これが脳卒中と呼ばれるものです。

20%のカロリーを脳が消費してくれているとすれば、理論的に脳を使う(勉強する)ことでダイエットになるということですね!!
しかし、高カロリー高タンパク高脂肪食と運動不足は、血管を詰まらせる要因になりますので、結局ダイエットとしては食事から改善し、適度な運動もしていく必要はありますね(~_~;)

ダイエットに簡単な道は、あまり無いかもしれませんね。。。


杉山







北九州市小倉北区真鶴の整骨院 しんじゅろう鍼灸接骨院 交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 むちうち、捻挫、肩こり、腰痛、頭痛、腱鞘炎、つきゆび、肉ばなれなどお悩みの症状は相談してください

2016.02.15更新

現代医学的な考え方

腰痛のほとんどは日常的な小外傷(ケガ)や労働に起因するものが多いです。
腰は、体幹の中で重要な支持作用と、頚のついでの運動性を要求され、スポーツや日常生活においても、絶えず負担がかかっているので腰痛を訴える人は多いです。
腰痛の原因はさまざまで、多くあり過ぎるので、ここでは筋筋膜性腰痛と腰部捻挫の症状と治療を紹介します。

筋筋膜性腰痛 
急性では、急激な動作で筋筋膜に引き延ばす力がかかったり、部分断裂を生じて起こります。 
慢性では、筋疲労や組織の瘢痕化(いわゆるシコリ)による循環障害や刺激が原因となって起こります。
患部に痛みが強く、側弯の方にもみられることもあります。主に、前かがみの動きに痛みが強く、慢性では急性ほど強い症状はみられません。

腰部捻挫 
スポーツや仕事などの腰を前・後屈、ねじる、重いものを持つなどの動作により、腰部の筋肉・腱・靱帯などの組織が急激に引き延ばされ、過度に収縮して障害を生じます。

治療

特に腰部は、正しい姿勢保持が大切になります。重要なことは、筋力強化と柔軟性です。
まず、硬くなった筋肉に柔軟性をつけるために電気治療、柔整マッサージを施し、ストレッチと運動療法により筋力強化をはかります。
痛みや筋肉の硬さが強い人には、鍼灸治療もおこないます。

正しい姿勢保持のために身体の筋力強化、柔軟性の維持発展が必要であり、治療は『予防』という意味でも重要になります。






杉山


交通事故専門治療 スポーツ障害専門治療 むちうち、捻挫、打撲、肩こり、腰痛、肉ばなれ、筋肉痛、筋肉疲労、頭痛、寝違いなどお悩みの症状は 北九州市小倉北区真鶴 しんじゅろう鍼灸接骨院

2016.02.15更新

前へ 前へ