スタッフブログ

2017.01.31更新

健康ニュースより

耳そうじ

 「気持ちがいい」と、耳そうじをよくしていませんか?
 いらないものとして取り除いている耳あか。
実は、殺菌作用や皮膚の保護、虫などの進入を防ぐ働きがあります。また、耳の中の小さな細い毛により、耳あかが外へ運び出されるので、頻繁に耳掃除をする必要はありません。
 耳を掃除するのは、耳の中に違和感や閉塞感を感じた時。小指の爪が入るぐらいまでの入口付近を、細めの綿棒で優しくなでるように掃除する程度でOKです。つい耳の奥まで触りたくなりますが、耳あかを奥に押し込めてしまうので注意しましょう。
 正しい方法で安全に耳掃除をしてくださいね。

 

 

 

杉山

2017.01.30更新

今回も元気に楽しく健康教室を行いました〜(*⁰▿⁰*)

 

ストレッチ&体操&軽い筋トレ&脳トレです。

 

来月は、スギヤマの予定が合わずお休みさせていただきます(;ω;)すみません。

 

また3月にお会いしましょう〜

 

 

 

 

杉山

2017.01.27更新

いただきました〜(๑✧◡✧๑)

 

確か早朝から売り切れ次第で閉店と聞いた事があるので、スギヤマ食べた事はあるんですがだいぶご無沙汰していました。

 

なので、久しぶりに食べたら、やっぱめっちゃ美味しいでーす(*⁰▿⁰*)

虎屋のパン

グリーミーさんのサンドイッチと共にお昼休みに頂きました(^ ^)

 

いつもお心遣いに感謝いたしております。

 

 

 

 

 

杉山

2017.01.25更新

高血圧に

りんごを1日3個以上食べると血圧が下がり、脳卒中や高血圧症が少なくなる。
これは果実中のカリウムが効果があるとされている。


動脈硬化指数が低下

りんごジュースの搾りカスを精製し凍結乾燥させたものを10名に飲んでもらった。
1日の摂取量は5から15g期間は6ヶ月間。
その結果、血糖値への影響はわずかであったが、総コレステロールとLDLコレステロールが低下し、HDLコレステロールの増加が認められた。
LDL(悪玉)をHDL(善玉)で割ったものが「動脈硬化指数」でこの値が4以上になると動脈硬化を起こす可能性が高くなる。実験の結果から明らかに動脈硬化指数の低下がよみとれた。


便秘を解消

便秘で悩んでいる人が多く見かけるが、この多くは植物繊維の摂取量が少ないからである。
りんごは、食物繊維の質では、芋類や豆類、海草とひけをとらない。りんごの場合そのまま食べてもジューサーにかけて飲んでもよい。


胃腸障害と貧血に

胃カタル:胃炎など酸の少ない人:酸が増し胃液の分泌を進め消化作用が良くなった。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍:最初痛みを感じていた人も、継続しているうちに良くなった。
貧血:3倍くらいの濃いりんご果汁与えて、貧血回復に成功。
この実例からりんご果汁は胃液の酸と赤血球の量を増やす効果があることがわかります。


整腸と解毒に

腸の運動が異常に高いときに、りんご果汁を与えると元通りになり、逆に運動が弱まっている時に与えると、再び元気を取り戻すという、腸の調整作用があることを立証。
またりんごに含まれているペクチンは解毒効果が高く、下痢など腸の調子の悪いときに効果があることを証明。


血色増加に

赤ちゃんの人工栄養に、りんご果汁5%添加すると体重が増え、血色がよくなり下痢を減らす効果がある。


大腸癌の予防

りんごペクチンが腸内の悪玉菌を減らし、ビフィズ菌や乳酸菌を増やして大腸癌の発生を抑えます。


バーモント療法

アメリカ・バーモント州の長寿の秘密は古くから伝わっている民間療法によるものとされている。それは蜂蜜2さじ、りんご酢1さじをコップ1杯の水で薄めて飲む。

 

りんごの糖は血糖値を上げない

人は甘いものが好きですが、時折血糖値が高いため、制限されている人があります。
りんごも当然糖はありますが、りんごやりんごに含まれている果糖は、ブドウ糖や砂糖に比較すると血糖値を上げる要素は少ないというデータがあります。


りんごポリフェノールの効果

口臭の主成分と言われるメチルメルカプタンを抑制する
アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の原因となる、ヒスタミン等を抑制する。
体内で発生する活性酸素抑制する。
小腸で酸化コレステロールの吸収を抑制する。また高血圧を予防する。
虫歯菌の働きを阻害し、エナメル質の崩壊を防ぐ。
体内で発生するメラニンを抑制する。化粧品の美白剤としても有効である。
リノール酸の酸化防止や天然色素の劣化退色防止する。
アップルフェノン(R)は成熟果にも含まれますが、幼果には10倍も含まれます。
この幼果から抽出されたポリフェノールは、優れた水溶性のため応用範囲が広く、ガムやジュース、歯磨き粉、錠剤(補助食品)、美容クリーム等に添加されて使用されている。
特に「アトピー性皮膚炎の痒み抑える」効果が学会で発表され注目されています。


ストレスと美容に

りんごは、ストレスの原因である自律神経の乱れを正常に戻し、また自律神経の変化から来る病気・疲労をスムーズに取り除きます。
りんごは美しい肌を作るのに必要ないろいろな効果を発揮し、体内からあなたの美しい肌を維持してくれます。

 

 

杉山

2017.01.24更新

 日本人の5人に2人が悩んでいる頭痛。代表的なのが「緊張型頭痛」と「片頭痛」です。この2つのタイプは原因やケアの方法が異なるので、どちらのタイプかきちんと見分けることが大切です。

 見分けるポイントは、ストレッチなど体を動かしたときに痛みが楽になるかどうか。緊張型頭痛は頭や首の血行不良が原因のため、体を動かし血行が良くなると痛みが楽になります。反対に、片頭痛は脳内の血流の多さが原因です。そのため、血行がよくなると痛みが増してしまいます。
 どちらのタイプの頭痛か分かれば、あとはセルフケア。タイプ別のセルフケアで予防・改善を。

緊張型頭痛のセルフケア
●腕ふり体操でこりをほぐす
 両肘を上げ、正面を向いたまま、体の軸を意識して、腕の力は抜く。
 ※1~3分を目安に1日数回行う
●お風呂で肩や首を温める
●寝る前に腹式呼吸をしてリラックスする

片頭痛のセルフケア
●静かな部屋で安静にする
●行動や食べたものなどを記録し、頭痛のパターンを探る

頭痛をガマンするのはつらいもの。セルフケアで痛みにさよならしましょう。

 

 

 

杉山

2017.01.24更新

 日本人の5人に2人が悩んでいる頭痛。代表的なのが「緊張型頭痛」と「片頭痛」です。この2つのタイプは原因やケアの方法が異なるので、どちらのタイプかきちんと見分けることが大切です。

 見分けるポイントは、ストレッチなど体を動かしたときに痛みが楽になるかどうか。緊張型頭痛は頭や首の血行不良が原因のため、体を動かし血行が良くなると痛みが楽になります。反対に、片頭痛は脳内の血流の多さが原因です。そのため、血行がよくなると痛みが増してしまいます。
 どちらのタイプの頭痛か分かれば、あとはセルフケア。タイプ別のセルフケアで予防・改善を。

緊張型頭痛のセルフケア
●腕ふり体操でこりをほぐす
 両肘を上げ、正面を向いたまま、体の軸を意識して、腕の力は抜く。
 ※1~3分を目安に1日数回行う
●お風呂で肩や首を温める
●寝る前に腹式呼吸をしてリラックスする

片頭痛のセルフケア
●静かな部屋で安静にする
●行動や食べたものなどを記録し、頭痛のパターンを探る

頭痛をガマンするのはつらいもの。セルフケアで痛みにさよならしましょう。

 

 

 

杉山

2017.01.23更新

スギヤマの今週末は寒かったので、お家で朝はゆっくり洗濯や掃除をして、昼から録画していたテレビを観ました(≧∀≦)

 

大好きな、初めてのおつかいをやっと観ました〜

毎回、絶対泣いちゃいます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

小さな子供の頑張ってる姿に元気を貰いました!!

あたしも頑張らねばー!!

初めてのおつかい

 

 

 

 

杉山

2017.01.20更新

今年も院長先生のご実家、江戸寿司さんの恵方巻を予約できますよ〜!!


種類は、恵方巻、サラダ巻、ヒラス巻、穴子巻です!
1月28日まで、予約受付していますので、よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

杉山

2017.01.19更新

節分の日に食べると縁起がよいとされる太巻き寿司のこと。「丸かぶり寿司」「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」と呼ばれることも。

食べる際は、毎年定められた恵方を向き、食べ始めから食べ終わりまで終始無言で丸ごと一本にかぶりつくのがルール。(無言:食べている間に願いを込める、切らない:縁を断ち切らない)

もともとは、関西の風習であり、明治時代に一旦廃れた後、1977年の大阪海苔問屋協同組合の海苔の販売促進行事で復活した。1990年代の末頃からは、流通業界の販売戦略が功を奏し、全国的に普及した。

 

今年は、北北西みたいですよ〜(*´艸`)

 

 


杉山

2017.01.18更新

「日本人は食習慣にすぐれた国民だ」とよく言われますが、ショッキングな数字があります。

 1日あたり果物類摂取量が世界で42位。1位のオランダは、499グラムという量ですが、日本はわずか150グラムしか摂取していません(2003年・国連食糧農業機関調べ)。

 果物はビタミン、ミネラルが豊富で、健康維持には欠かせないもの。日本国内の数字を見ても、ここ10年間で果物を食べる量は減っています。2001年と11年の比較を見てみましょう。30代で79グラム→57・7グラム、40代で103・8グラム→67・4グラム、50代で157・8グラム→103グラム。いずれも大幅に減少しています(国民健康栄養調査=2011年)。

 では、果物は1日にどのくらい食べればいいのでしょうか。厚生労働省の推奨値は、200グラム(皮や種などを含む)。りんご1個を食べればいいくらいの量です。ところが、ここに大きな壁が。りんごは皮をむかなくてはならない、ということ。

 「りんごの皮くらい、むくのは簡単でしょ」という方も多いとは思います。ところが、朝食はコンビニ、昼食は立ち食いで夕食は居酒屋......というような働き盛りの男性は、りんごをむくような場所もなければ、ナイフも持っていません。そもそも、「面倒くさくてやりたくない」という状況でしょう。

 果物摂取が少ない最大の理由は、「むくのが面倒くさい」といわれています。注目したいのが、今が旬の果物、温州みかん。ナイフがなくても手でするっとむけて、皮をむく手間がほとんどいりません。果物屋さんでの売れ筋一番が、みかんというのも納得できます。

 冬場は葉物野菜が減少、価格も高くなり、生野菜を食べる機会が減少します。こうなると、自然に不足するのが水溶性のビタミンやミネラルです。風邪予防や免疫強化に必要なビタミンCは、特に不足しがちになります。ビタミンCは水溶性のビタミンで、加熱にも弱いので、生の形で食べたいもの。

 みかん2~3個で、1日の推奨量200グラム程度です。乾燥したオフィスで食べれば、水分補給にもなります。みかんの黄色はβクリプトキサンチンと呼ばれる色素で、免疫力を高めて発がんの抑制効果までが期待されています。

 筋や皮(内部の白い皮)などをいちいちむくのが面倒くさい方は、一緒に食べてしまってください。食物繊維の摂取にもなります。

 外側の黄色い皮は、乾燥させたものが漢方で「陳皮(ちんぴ)」として販売されているくらいです。乾かしてお風呂に入れると香りのリラックス効果も楽しめます。

 みかんは、冬が1年で一番おいしく、安く食べられる季節です。オフィスに到着して、朝の仕事を始める前に、またはちょっとした休息時間に。1日2~3個のみかんを食べる習慣を持ってくださいね。

 

 


杉山

前へ